ほぼ塾なしで県TOP高校に合格するまでの記録

塾に行かずに家庭学習中心で偏差値70超高校に合格した勉強法について綴ります

塾の保護者向け入試説明会に参加してわかったこと。

中3の夏休み
長男が夏期講習に初めて参加しました。

その際、
保護者向けの高校入試に向けた
説明会があるとのことで
塾生のみならず、講習生の保護者も参加して良いとのことでしたので
行ってみることにしました。

  

個性的な先生たち

 

夏期講習が始まってからの夕飯時

 

長男は毎日
夏期講習の先生たちがいかに面白いか
ということを熱く語っていました。

 

面白いというのは


話が面白い
顔が面白い(すみません)
話し方が面白い(モノマネ付き)

などなど、学校の授業については実技教科のほかは

AET(英語のネイティブの先生)の授業以外
一度も面白いなんて言った事のない長男が(悲しいことです)
毎日、興奮気味でした。

 

へぇー、そんな面白いのかぁ、


その先生たちが各科目について話す説明会というので
私も先生見たさに参加することにしたのです。

 

 

 

塾の入試説明会

 

参加すると
まず昨年の入試資料をもらいました。

 

昨年度の塾生と講習生の
塾での模試の成績と
各高校の合否を関連付けたもので、これは
もらえて嬉しかったです。

 

また、公立高校については
内申と当日得点(自己申告)の組み合わせのグラフも説明されました。

 

それだけでも、行った価値があると思いましたが、

やはり先生たちの話は面白かったです。

(長男のモノマネを思い出して笑いをこらえてました)

 

学校の保護者会なんて
早く終わらないかなーとしか思った事のない私ですが
(親子とも同じでしたね(^_^;) )
先生たちの話は本当に楽しくて引き込まれ、2時間があっという間でした。

 

各先生がこれを限られた時間で保護者に伝えなければと
一生懸命話してくれる、
熱い気持ちが伝わる入試説明会でした。

 

勉強方法など、
子ども本人に聞かせたいものもありましたが
それはメモして忘れないように伝えるようにしましたが・・・。

 

特に私がほとんどノータッチで本人任せの社会、
公民について、塾の先生が具体的に自習のスケジュールを
説明してくれて、助かりました。

冬休みの終わりまでに公民分野を1周することを目標

としようとの話でした。


なんか、塾って今まで行ったことがなかったけど、
こんなにいい塾もあるんだなぁと、
これが近くにあって部活もなかったら
もっと前から通っていたかも知れないなぁと思いましたが、

今は、この塾に通っているみんなに追いつけ、追い越せで
頑張っていかなくてはいけない時期なのでした。

 

その日の夜は
親子で先生たちのモノマネで盛り上がっていたのは
言うまでもありません…。

  

みなさんの受験情報が色々あります。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村