ほぼ塾なしで県TOP高校に合格するまでの記録

塾に行かずに家庭学習中心で偏差値70超高校に合格した勉強法について綴ります

中学校の進路説明会で話されたこと

長男の通っていた公立中学では
進路説明会というものが3回ほど開かれました。

第一回は中2の終わりごろだったと思います。

進路説明会の内容は?

なぜか開催するのは午前中授業の日で、
一旦昼ご飯を食べに帰ってきた子どもと再登校?して
親子そろって参加するというものでした。

 

といっても、個別面談ではなく
集まるのは体育館で一斉説明会です。
(ほかに個別もありましたが
具体的に志望校を決める
12月までありませんでした。)

 

最初の説明は
中学を卒業したらこのような進路があります。。。
という話がメインでした。

 

まずは就職について。
中卒で働くとしたらこのような仕事があります、という話から始まりました。

 

進学したいなら、
高校、高専、専門学校など色々選択肢があり、
大まかに分ければこんな感じですよ~というような話です。

 

そして最後に、
どの進路につくにも身だしなみがしっかりしてないと
いけません。
髪型・服装チェックを明日するので
整えて登校するように。

との話で終わってしまいました(-_-;)

これ、親行く必要ある???

と思ってしまいました。

 

この内容なら、HRとかで子どもたちに話すだけで十分じゃないですか?

 

周りの先輩ママさんたちから
「中学校はホントなにも進路指導してくれないから!」
と言われていましたが
こういう会に参加するたびに
私自身もその思いを強くしました。

 

結局中3になっても3回ほどあったのですが、
その度に今回は受験に直接かかわる
大事な話だからと強調されました。

 

親子そろって再登校なのでよっぽど仕事を休めない人以外は
来ているようでしたが、
そんなに内容自体変わらなかったです…。

公立高校受験の際の具体的な内申と当日得点との比率とか
細かい話に移行した(だけ?)感じでした。


学校側も説明会やるのも
準備などがあり
大変だと思うんですけどね。

そんなに回数をやる必要があるのかな?と感じてしまいました。

 

まぁ、子どもたちに説明するのを兼ねて
親も呼んでおこう?と思っているのかどうか・・・・。

寝てる親子多数でしたし(^_^;)


どこの公立中学もこんなものなのでしょうかね??

 

 

 

 

学校だけに頼れないのは今や当然のこと

塾なし受験だと、基本的に情報収集も全て自分たちでしなくては
ならないので、なかなか大変です。

結局、私たちも最後は夏期講習で塾にお世話になり助かりました。

学校の説明は現行の受験制度の解説で終始してしまうのですが、
実際、知りたいことはその先の情報なんですよね。

 

私が子供の頃は、まだ公立中学でもデータをもとに
進路指導してくれたのですが、
学校の指導に従った子が不合格になった場合に
親からの苦情などが増えてきたことから
難しくなったと聞きます。

 

現状、公立中学だとあらゆる生徒がいるので
授業にしても説明会にしても結局
最大公約数的な話で終始してしまいます。

 

そういった面についても中学入学前に
もう少しよく考えれば良かったと
反省することしきりです。

 

 

皆さんのそれぞれの受験情報が載ってます

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村