ほぼ塾なしで県TOP高校に合格するまでの記録

塾に行かずに家庭学習中心で偏差値70超高校に合格した勉強法について綴ります

塾なし 母の悩み

12月は模試も各種フルラインナップされていて、
毎週末何らかの試験を受けていたことを前回書きました。


そのうちの一つ、

中3になってから毎回受けていた、公立高校受験対策の模試の日のことです。

  

先生も走るが、母も忙しい12月

この公立高校受験対策の模試は、何回か書きましたが、
県内の進学希望者のほとんどが受験するという模試です。

 

多分昔は、この模試を学校単位で申し込んで受験していたのだと思うのですが、
今では学校で模試を受験するということがありません。

 

ですので塾に入っている子は、
各塾で一斉に受験できるようになっています。

ところが、
長男のように塾なしだと、英検のように一般外部会場受験という形になるのです。

 

その会場が、これまた英検のように割と直前にならないとわからないし、
かなり遠方や不便な場所になることもあるのです・・・。


そして今回、12月で最後にするつもりだったこの模試の
指定された受験会場が家からだと電車を乗り継ぎ、さらに最寄りの駅から
20分以上歩くような会場になっていました。

 

でも車で直接行けば電車よりかなり早く着きそうな場所だったので
「車で乗せていってあげる」
と約束していたのです。


受験生も忙しかったのですが、母もかなり忙しい師走。

 

その日も色々とやらなくてはいけないことが山積みでしたが、
模試の送迎くらいはしなくては、と思ったのですよね。


でも、当日、もう原因は忘れてしまったのですが、
朝食後に長男と何か口論になったんです(-_-;)

 

ホント、何だったのか原因が思い出せないのが何なのですが、
その日はかなりヒートアップして、
何かの態度だか、セリフだかに、カーっと頭に血が上ったのです。

 

何か、この子のために時間を割いているのがバカバカしくなってしまって、

「じゃぁ、もういい!
そんなこというなら、勝手にしなさい。
自分で模試も行きなさいよ!!」

と怒ってしまったのです。


長男は、色々文句を言っていましたが
「そんなこと急に言われても今からじゃギリギリだし!!」
などと怒りながら
慌ただしく出ていったんです。


それからは、案の定
自分で怒ったのに関わらず、(間に合うかな~?)などと
かなり心配になってしまったバカ親でした。


後で聞いた話では
やっぱり本当にギリギリだったそうで、
電車を降りてから15分近く走り続けて間に合ったのだそう。

それで、1時限目の国語なんて
最も心を落ち着かせて考えたいものの一つだと思いますが、
走ったせいで始めの方は心臓バクバクのまま・・・かなり出来が悪かったです。。


公立対策として最後の模試だったのに
私のせいで悪いことをしました。


年末も差し迫っていて、
子どもの受験のこと以外にも色々考えることややらないといけないことがいっぱいで
私もかなりテンパっていたのですが、
そんなこと皆同じですよね、私がダメ親なのです・・・。

まだまだ修行が足りません・・・反省。

 

 

 

塾なし 母の悩み

こういうとき、色々と勉強について相談したり
話したりできる友達が、
めったに会えない以前からの友人をのぞいて、
近くには全然いなかったんですよね。


親しくしているママ友は何人もいたけれど、
勉強の話や、志望校の話になると
「そんなところ、目指せるだけでもうらやましいわ~」
「できるからいいわよ~」
などと、言われて、

向こうも何の気なしに言っているのだと思うのですが、
具体的に相談とか、ただ愚痴を言うのも憚られてしまって。

 

ただ、内申のつけ方など、中学校の情報は色々と教えてもらえたし
勉強の相談はよく受けたりはしたのですけれど。

 

一人だけ、中学校で同じようなレベルの子がいたのですが
その子は違う小学校から来た女の子で、本人同士も友達という訳ではなかったし、
親御さんと話す機会もなかったのです。
(まぁ親しくなれたかどうかは話してみないとわかりませんけどね)

 


塾も行かなかったし、
子どもに勉強を教えていて、
学校の勉強はできても、このやり方で受験まで通用するのかな?とか
当初は色々と不安も葛藤もありました。

 

先日書いた
スポーツ特待生の友人の話の中の友人も
「同じ部活をやってたお母さんたちとは、仲良かったけど
特待生については、なかなか相談や愚痴は言いにくい・・・」
と言っていました。

同じような気持ちだったのだと思います。

www.juku-nashi.com

 

そんなとき、色々ネットで情報を探したりもしました。
同じような受験生の親御さんのブログには色々親しみを持ったり、教えてもらいました。


こんなブログでも、ほんの少しでもどこかで役に立てれば本当に嬉しいと思っています。

 

 

 

皆さんの高校受験情報が色々あります。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村