ほぼ塾なしで県TOP高校に合格するまでの記録

塾に行かずに家庭学習中心で偏差値70超高校に合格した勉強法について綴ります

模試のデータ分析 5教科総合偏差値と科目別偏差値を比較してわかる事実

中学校の三者面談で、2学期期末テストの結果を提示された際に、
普段は生徒側には公表されていない科目別の順位も
見ることができたことを前回書きました。

 

www.juku-nashi.com


この科目ごとの順位や偏差値と、総合順位や偏差値の関係について
色々と興味深く感じたことがあります。

 

5教科総合偏差値と科目別偏差値の相関について考える

中学校では、定期テストごとに、テスト成績結果表として
各科目の点数と、5教科総合の順位が記入されたものが配布されていました。

 

科目ごとの順位については、
先生の内部資料だったようで、生徒側には提示されていません。

 

ただ、大まかな点数で区切った分布図が示され、
だいたいの順位がわかるようにはなっていました。


経験として感じるのは、
総合得点で、仮に1位をとるためには、
すべての教科を1位にする必要は全くないということです。

 

中学校だと具体的なデータがあまりないので、
中3の時に5回ほど受験した、公立高校受験者向けの模試(県内ほとんどすべての進学希望者が受験)の
データで見てみます。

 

 

 

5教科総合で同じ偏差値でも中身は全然違う例

たまたま、この模試で、5教科合計の偏差値が73ちょっとという
端数まで同じ結果が2回出ています。

 

で、興味深いのが、これらの内容なんですが
それぞれ全然違うし、色々見えてくることがあります。



第○回の模試の内容

この総合偏差値が全く同じ模試について、

一つ目の模試(仮に第○回目とします)の方は、
英語と社会で満点をとっていて(公立向けの簡単な問題が多い模試です)
英語の偏差値が76、社会が73となっています。

そして理科が70、国語が68とまぁまぁ、
ただ、数学で何か凡ミスをして、偏差値が61と残念な結果です。

でも、まぁ他が良いので、
5教科合計で偏差値73を超えるのはまぁアリかな?とは思います。

 

第◎回の模試の内容

それに対して、もう一方の第◎回(仮)の方は、国語の読み取りが合わなかったのか
国語はまさかの60点代で偏差値は57なんですよ。

で、英語も65とあまり振るわなくて、
数学はまぁまぁの68、
3教科入試だったら、とてもトップ校は入れないレベルですよね。

 

でもこの回は理社が絶好調で
100点と96点を獲り、科目別の偏差値が79と78でした。


そうすると、5教科合計では一気に偏差値73を超えるんです。

 

この結果からわかること

この二つの結果から見えてくるのは
入試の合否は、合計点数で決まるので
当日の入試で、仮に一つや二つ、失敗したと思っても
諦める必要は全くない!!ということです。


第◎回の方なんて、
いきなり国語(1時限目ってことが多いと思います)で
大失敗して、その後、得意の数学や英語でもいまいちフォローできておらず、
感覚としては、当日はかなりヤバい!と思ってしまうと思います。

でも諦めず、理社で挽回できている。

 

ただ、この回の、理社については、満点をとって偏差値が70後半ということは
結構難しめというか差がでる問題だったことが伺えます。


基本的な問題が多い、公立高校入試では
ここまで極端な結果にはならないでしょうが、

私立入試なら、こういったことが往々にしてあることと思います!!

 

まとめ

高校入試では5教科総合得点で合否が決まることが多いと思います。

総合得点で上位に行くためには、
よく苦手科目を作らないということが言われます。

 

確かに、その通りで、どの科目もそつなくとれれば、
総合得点で上位を狙えますが、

もう一つの策として、
苦手があっても、それ以上の得意でフォローすることも十分可能だと思います。

 

もちろん、穴のないように学習することが基本ですが、
得意なものがあれば、それをどんどん伸ばせばよいと思うし、

もし入試本番当日、一つや二つの科目で全然だめだと思っても、

まだまだ挽回のチャンスが広がっているということを、知っておいて欲しいと思います!!


こちらにも高校受験情報が色々ありますよ。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村