ほぼ塾なしで県TOP高校に合格するまでの記録

塾に行かずに家庭学習中心で偏差値70超高校に合格した勉強法について綴ります

公立高校入試当日のこと

長男の公立高校入試当日のことです。

 

前回の記事

www.juku-nashi.com

の続きです。

 

公立高校入試当日の朝

本人は昨夜はぐっすり眠れた様子でしたが、
やっぱり朝は少し緊張気味でした。

 

私の方は、絶対遅刻しないように早く起きて
お弁当を準備するというタスクがあったので、
そっちに緊張して夜中に何度も目を覚ましてしまったのですが(^-^;

(ちなみに受験当日のお弁当は縁起を担いでカツなどにするのは消化にも悪いので厳禁だと良く言われるようになりましたね。

我が家の場合も、食べやすいあっさりした好物でまとめましたが、
一口カツを一切れだけ入れていました。)

 

よく試験当時は受験開始より最低3時間前には起床しましょう、
などと言われますが、
今までそういったことはほとんど気にしたことはありません。

 

逆にいつもより無理に早起きして
調子が出ないことの方が心配です。

 

今までやったことのないことは極力避けて、
普段通り、間に合う時間に起きれば十分としていました。

 

でもどちらにしろ、会場まで距離があるので普段よりもずいぶん早く起きなければならないのは同じでしたけどね。


さらに昨夜寝る前に、予想外な理由で思っていたよりも随分早く家をでると長男から聞いていたのです。


というのも、
受験日当日、講習に参加していた大手進学塾の先生達が
校門前で色々グッズなどを配って激励する、というテレビなどでも良く見る光景がありますよね。

 

講習生だった塾でも私立入試と同じように先生やスタッフの方々が来てくれるとのことでしたが、
それが公立入試では、やっぱりその塾でも集大成?というか、
公立トップ校にはその塾から私立入試の時よりも大勢の先生が早くから集まっているというのです。

 

そこに行って、先生やスタッフの人たちとゆっくり?しゃべってから試験を受けたいから、予定より20分ほど早く最寄り駅に着きたいとのことでした。


校門前でそういうことをしているのは
若いスタッフとか若い先生だけだと思っていましたが、そうではなく、
私立の時もそうでしたが、ベテランの先生も家が遠い先生も、子どものために朝早くから集まってくれて、
寒い中、一人一人に声をかけてくれているなんて本当にありがたいことだと思います。


ママ友たちから聞く、この近所の塾の話には良い印象を持ったことがない私ですが、
(だからこそ塾なしで通してきたのですが)
そこには最後に講習だけでもお世話になれて良かったなぁと感じています。

 


私立入試の時と同じように、
乗り換えに便利な方の駅(車なら5分ほど)まで車で送ろうと話していたのですが

本人が、車で最後の確認をしたいから
私に送って欲しいと言ってきました。

そういうことを言われると、くぅっと涙腺が・・・でしたが、
クールに装っていた私なのです(?)。

 

 

 

試験終了

試験中はどんな問題が出たんだろうなぁと思いながら過ごしていましたが、
もしよっぽど変わった問題が出たとしても、
それは皆一緒だし、よほどのことがない限り大丈夫のような気がしていました。

 

前回書いたように
もうここまで来たことに胸がいっぱいでもあり、安堵の気持ちもありました。

私立入試の時は、急いで帰ってきたのか、いつも思った時間よりもずっと早く帰宅していましたが、
今日はなかなか帰ってきません。

 

ちょっと遅いなぁ・・・と思っていると
元気に帰ってきました。

 

もう校門前で模範解答をどこかの塾が配布していたとのことで(最後の時間の教科以外)4教科については電車の中でもう採点しちゃったとのこと。

 

遅くなったのは、途中のターミナル駅
物産展をやっているのを覗いて、好物のお菓子が売っているかどうかを探したそうで
無事買えたよ(^-^)といって、
「おみやげ」と差し出してくれました。

 

中学校からは試験終了後は速やかに帰宅し寄り道厳禁、

寄り道がばれたら高校側から合格取り消しされるなどと脅されて?いたのにねぇ。

 


「だって今までずっと人混み避けて生活して来たけど、
もう気にしないでいっかと思ったら、ちょうど物産展見かけたし」とケロッとしていました。


そして、朝、先生たちとしゃべったの?と聞くと
「うん。キットカットと、○○と、△△と~もらったし(また貰った話かい^_^;(母、心の声))。
・・・○○先生泣いてた。ボロボロ泣きながら皆と握手してたよ」

それを聞いて母も涙でした・・。

 

夜になって、塾のサイトにも模範解答と
主要な高校の合格予想得点がアップされました。

 

自己採点はそれを上回っていました。

 

「受験番号ちゃんと書いた?
それさえやってれば大丈夫だね。」と聞くと

「それだけは、オレ自信あるから。
各教科2回ずつ確認するクセつけてたから大丈夫」とのことでした。

 

ただ、試験中に答案を回収した際に
受験番号忘れている人がいますよ~と注意されていた子(やはり男子!)がいたそうです。

 

慌てて書きにいっていたそうですが、命拾いしましたよね。

 

試験官によっては親切にチェックしてくれる人もいますが
必ずしもそうとは限らないので、
そのミスだけは避けたいですね。

 

 

こちらにも皆さんの高校入試体験記がたくさんあります!

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村