ほぼ塾なしで県TOP高校に合格するまでの記録

塾に行かずに家庭学習中心で偏差値70超高校に合格した勉強法について綴ります

会った事のない勉強仲間たち

前回の

www.juku-nashi.com

雑誌 「高校への数学」の学力コンテストに
ついて書きました。


その続きとなりますが、、、

中1中2の頃は、全く学力コンテスト(学コン)に

手をつけていなかった(つけられなかった)長男ですが、
3年生になって、受験勉強に真剣に取り組むようになってからは
少しずつコツコツと進めるようになりました。

 

 

 

雑誌独特のコミュニティ

この雑誌という媒体での添削指導ですが、
色々続ける要素が揃っていました。

前回書いた順位がでることや、上位入賞者への景品はもとより、
応募者同士の
雑誌という媒体故の緩やかなコミュニケーションが
あることも魅力的なのではないかと思います。

 

応募者からのメッセージも沢山掲載されているので
毎月読んでいると、
上位入賞でいつも名前が載っている常連さんたちのキャラクターが
垣間見えてきて、親しみが沸いてきます。

 

長男も、今月は誰々に勝った~!! とか
顔も見たこともないのに盛り上がっていたり。

 

同じ県の公立中学生の名前を見つけると
勝手に仲間意識を抱いて
「高校で会えるかも」なんて言っていました。
(いまだ会えていないようですが)

読者からの投稿コーナーで
「公立生でも学コン頑張ってる人いますか?」とか
「先月号の○○さんへ」
などのメッセージが繰り返しやり取りされたり、、
このネット・スマホ時代に中学生が読んでいる雑誌なのにねぇ、と
なんか感心してしまいます。

 

本当は
高校への数学を執筆している先生たちの授業が直接受けられる
大数ゼミ中学生クラスにも行きたかったのですが、
遠方で叶わず。

 

東京近郊の中学生の方なら、
毎月一度編集部に行ってテストを受けられるモニターもあり、
これにも憧れていました。

 

「高校への数学」という雑誌を通じて
1年間、塾ではないけれど
同じ勉強を頑張っている会ったこともない仲間たちが
いたような気がしています。

学年もまちまちだったんですけどね。

 

 

学ぶ楽しさ

余談ですが、
大学への数学6月号では
創刊60周年特別企画として、
大数執筆者でもあるSEG代表の
古川昭夫氏と編集部の対談が載っていました。

筑駒中に通っている頃から
「大数中学生愛読者連盟」代表として
大学への数学誌面に名を連ねていたという
古川氏。

その古川氏の数学の指導法に対する考えは
とても興味深く、共感することが多かったです。

子どもたちには楽しさをもって学んでほしい!!

 

 

皆さんのそれぞれの受験情報が載ってます

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村